長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
6月7日 東海リーグ第5節 矢崎バレンテFC戦
 矢崎バレンテFC戦 3-1(前半2-0、後半1-1) 
              得点者:中條、蓮池、圭

 結果も内容も伴わない状況をなんとかしなければいけない。せめて、迷いなくプレーして力で各自が全力を出し切ることだけはしないといけない。とは言え、今年は若い奴らも多く入って悲壮感もなく、普段のトレーニングや試合前の雰囲気も結構いいことが救い。
 ここまで圧倒的な攻撃力をデータで示している矢崎バレンテ。攻撃がすごいとは聞いていたが、嫌らしいほど上手い。こちらの選手は『奪えた』、『やられない』と思っている間合いだと思うが、全然通用してない。これを修正しなことには始まらない。うちにみたいな立場はあれもこれもできないから、やれることに徹するのみ。それにしてもサイドの選手が厄介。ベンチサイドは細かく修正の声をかけるが、反対サイドは無理。まあ、こちらも散々やられてるんだが・・・。
 押し込まれること自体は想定済みなんだが、この日は中盤がボチボチやれている。数は少ないがチャンスも作れていた。粘り強く相手に対応していた所、カウンターからFKを得る。これを直接決めて先制。苦しい中での得点だけにチームみんな嬉しくて仕方ない。ここでやられたら意味がないと気を引き締め、なんとかリードを保ったまま折り返したいと思っていたところ、前線で粘った折り返しでPK獲得。これも決めて2点差。
 ハーフタイムで修正と共に、相手の力を考えると2点差は一気にひっくり返されると確認して後半へ。
 同然相手は点を取りにガンガンくるが、1部に上がって押し込まれるのに慣れてきた変な経験値は上がっているから、まあいつものことだとバタつく様子はない。ポイントを抑えて潰すことを繰り返し、その中で攻守を切り替えながら高い位置までボールを運ぶ。高い位置でのプレーの質が1部のチームや対戦相手と全然違うから、なかなかいい形まで作りきれないが、少ないながらもチャンスはある。フリーで決定的な折り返しをダフった時は嫌な感じがしたが、その後浮き球をループで決めてまさかの3点差。その後相手の猛烈な攻撃で1点奪われるが、1点に止めて試合終了。
 1部初勝利。全社の惨敗から敗戦続きで、苦しい状況が続いていた。実力差がある相手に全力でぶつかれていない状況が気になっていたが、自分のプレーやチームの戦い方に迷いがあるのでどうしようもない。相手との力の差で言えばスコアは反対かもしれないが、その迷いを払拭する為にチーム全員で勝ち取った勝ち点3はとても大きな意味があったと思う。
 今年のチームは雰囲気がいいことが一番のストロングポイント。苦しい状況は続くと思うが、このチームで勝てたら大きな喜びが得られることも実感した。またこれをみんなで味わうぞ!

 陽治  足攣りすぎ。トレーニングが足りん。
 丹羽  ガツガツやれよ。
 若園  そのポジション慣れてきたな。
 山鹿  さすがに試合やってないと体がついてこないな。
 長尾  バチバチ音がしませんが・・・。
 向井  お前毎回そうだがスロースターターにも程がある。
 鈴木  いてくれると安定感が違うな。
 蓮池  前半はふわふわしてた。
 藤盛  2人だとやりやすそうだったな。まぐれも出たし。
 中條  すべてにおいてにチームを楽にしてくれたな。
 昇吾  進歩はしてる。シュート下手すぎ。

 孝次  ベンチで話した通り。もっと走れ。
 道貴  PAで相手に譲ったプレーが気になる。
 西村  お前足遅くなってないか?

6-7001.jpg
6-7002.jpg
6-7003.jpg
6-7004.jpg
6-7005.jpg
6-7006.jpg
6-7007.jpg
6-7008.jpg
6-7009.jpg
6-7010.jpg
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
やったりましたね
勝ち点&初勝利
2015/06/08(月) 13:05:40 | URL | 水谷○太郎 #-[ 編集]
ありがとう。
IH、ベスト8は行くかなと期待してたけど、残念だったなぁ。
2015/06/09(火) 11:32:31 | URL | 孝充 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.