長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
12月14日 県リーグ最終節 NK可児戦
    県リーグ1部優勝
      
 
 NK可児戦 4-3(前半1-2、後半3-1)
         得点者:健司、明峰、啓太、丹羽

 この最終戦に勝てば優勝がほぼ確定、1点差負けまでなら2位確定という状況だった。優勝目指してやってきたシーズンだったので当然勝つ事だけを考えた。NK可児は個々の能力がかなり高く、非常に攻撃力のあるチームで、過去の対戦成績は分が悪い。しかし、今年のチームは相手を意識するより、自分達のサッカーをすれば大丈夫という自信はあった。
 前半立ち上がりは押し込れ気味。要所要所を個人技で打開され、いまいちリズムがつかめない。マークもルーズで悪い時のパターン。しかしカウンターから裏を取り先制。相手はより攻撃的になり、CKをヘディングで叩き込まれて同点。そのまま悪い流れを絶ち切れず逆転される。ここからやっと落ち着きだしてリズムが出てきた。前半30分を過ぎたあたりからOFでボールが納まる時間が増え、スコアは負けていたが慌てたり、追い詰められた感じは全然なかった。
 ハーフタイムにDFを修正して、細かな確認をした。
 後半開始から流れは掴んだ。前半悪かったポイントをきちんと抑え、球の出し所をどんどん潰した。中盤の攻防を相手陣内でする時間が多くなり、いつものガンガン前に行くリズムができてきた。そして中盤でつないだボールからバイタルエリアを個人技で突破して、ドカンと叩き込んで同点。これで逆転間違いなしという時に、2枚目のイエローカードをもらいそうな選手を呼んで注意している隙に、まんまとそこをつかれて逆転。完全に俺の責任。でも相手は明らかに運動量が落ちてきたこともあり、リズムは長良クラブ。何度もDFラインを突破する。後半30分で同点に追いつき、ロスタイムに逆転ゴールを決めてシーソーゲームを決着させた。
 全国大会でいい経験をできた事がここで生きた。押し込まれても、逆転されても平常心を失わず、集中力が切れなかった。全員が勝てると自信を持って挑んでいた。いろんな意味で相手に合わせることなく、自分達のやるべき事に徹した事が結果につながった。
 これで優勝がほぼ確定した。
 狙って優勝することは簡単な事じゃない。みんなよく頑張ってきた。仕事や都合がある中で努力し続ける事は、楽しい事を追い求めるだけのサッカーではできない。試合に出れない選手の頑張りを見て、それに負けないようにプレーしていた選手もいたと思う。なかなか出場時間を増やせない選手も一緒に頑張ってくれている事が、他のチームにはない長良クラブの一番の強さだと思う。
 ここからまた大きな壁がある。みんなで必ず突破するぞ!
 その前に今週の土曜日の忘年会は盛り上がろう。

 播磨 3.0 キック×。1本だけ良かった。
 丹羽 3.5 やっぱりキーマンやったな。
 青木 3.5 後半のスタイルがお前の仕事。
 クマ 3.0 ポイントを掴んで、リズムを作れ。
 若園 3.0 もっと積極的に行っていいぞ。
 羽賀 3.5 後半いいバランスだった。
 島崎 3.0 ファウルなしでも充分止まるやろ?
 翔也 4.0 相手はファウルじゃないと止まらんかったな。
 明峰 4.0 久々にお前らしかった。Man of the match
 健司 4.0 先制点◎。中盤かな?
 啓太 4.0 ポスト◎。よく決めた。まぐれでもシュートは結果。

 須田    全く止まらんかったな。点取れたな。
 隆広    抗議の要素だけ作ったな。
 岩田    自信を持て。もっとやれる。
 翔平    寝坊しても使う気持ちに応えろよ。

DSCF3497.jpg

DSCF3499.jpg

DSCF3502.jpg

DSCF3507.jpg

IMG_2668.jpg

IMG_2678.jpg

IMG_2706.jpg

IMG_2715.jpg

IMG_2723.jpg

IMG_2726.jpg

IMG_2728.jpg

IMG_2734.jpg

IMG_2738.jpg

IMG_2752.jpg


 
 
スポンサーサイト
12月7日 県リーグ第10節 土岐商OB戦
 土岐商OB戦 19-1(前半8-0、後半11-1)
           得点者:岩田、健司4、明峰3、丹羽7、羽賀2、孝次2

 今日の相手は8人で試合開始となった。
 ボールは圧倒的に回すが、引いて守る相手に工夫が足りない。ボールが回るから、緊張感もない。とりあえず上げとこうみたいなクロスが多い。その中で2列目からの飛び出しで取った点は次につながるプレーだった。
 後半はさらに1人減り7人相手になったが、失点した事が一番悔やまれる。不用意なファウルからFKを決められたが、反省すべき点はいくつもある。OFもスペースがぽっかり空いているにも関わらず、相手がいる所にくさびを入れる。今日に限らず、スペースを作る、スペースを使うという事をもっと意識しないと相手は崩せない。今日みたいなケースがやりにくい事はよく分かるが、何をすると相手が嫌がるかということを常に考えろ。
 さあ来週がいよいよ最終戦。これで今季の結果が決まる。何としても勝つぞ!

 播磨 2.5 同じ事を何度もやるなあ。工夫がない。
 丹羽 4.5 飛び出し、決定力◎。Man of the match
 クマ 2.5 安定感なし。役割をはっきりさせろ。
 青木 2.5 緊張感のないプレーが多い。
 岩田 3.0 自分で判断する事が足りない。
 羽賀 2.5 脚の具合もあるが、視野が狭く、ミスが目立った。
 島崎 2.5 不用意なファウルが多すぎる。
 孝次 3.0 スペースを意識しろ。
 明峰 3.0 周りを使う時と自分でやる時の判断が微妙。
 健司 3.0 もっとゴールに向かうプレーをしろ。
 須田 2.5 動きを工夫しろ。点取れ。

 藤盛     外し過ぎ。
 隆広     キックの精度低かったな。
 翔平     外で感じた事をプレーに反映させろ。

DSCF3404.jpg

DSCF3416.jpg

DSCF3430.jpg


DSCF3439.jpg

DSCF3442.jpg

DSCF3446.jpg

DSCF3463.jpg


11月30日 県リーグ第9節 FC川崎戦
 FC川崎戦 3-0(前半2-0、後半1-0)
         得点者:明峰、健司、丹羽

 全勝のFC川崎には絶対に勝ちたい試合だった。先週の負けをどう受け止めたのか、その部分が勝敗を左右するポイントだと思っていた。
 前半序盤から厳しいチェックと、激しく攻守が入れ替わる展開。どっちのリズムとも言えない時間が続いたが、攻撃になった時のリズムは先週とは違うものを感じた。徐々に相手ゴール前まで行く回数が増えていく。幾度か惜しいシュートはあるが、決めきれない。このまま前半終了かと思った所、突破にかかった所でファウルを受けPKで先制。その直後、相手DFのミスを突いて追加点。そのまま前半終了。
 このまま3点目を取りにいく事を確認して後半に入る。前半よりも相手陣内でのプレーが増え、決定機も増えたが、追加点とはいかない。時折、相手チームのカウンターを受けるが、決定機はなかなか作らせない。ボールをキープしたまま、点が入らないのが悪いパターンだと思った時、クロスボールが直接ゴールイン。どんな形でも3点差は楽になった。メンバー交代をして、危うい場面も作られたが、無失点に抑えて試合終了。
 いい形で崩して最後に惜しくも外れたというのが最近多い。先週は無得点だった。この日も自慢できる点の取り方ではないが、決めるべき時に決める、どんな形でも1点は1点、相手のミスを見逃さないという勝負事では大切なことを実践して、勝ちにこだわった全員の意識が出てたと思う。
 この勝ちは次につながるものではあるが、何かを得たわけではない。残り2試合に集中するぞ。

 播磨 3.5 まあまあ。
 丹羽 3.5 躍動してたな。基点になってた。
 青木 3.5 プレーに波がなくなってきた。
 クマ 3.5 広い範囲をカバーしてた。
 若園 4.0 全てにレベルの高いプレーだった。Man of the match
 羽賀 3.5 上手くバランスをとっていた。
 翔也 3.5 ここでゲームを作った。外すな。
 孝次 3.5 お前が入るとバランスが良くなる。
 明峰 3.0 お前はもっとやらないかん選手やろ。
 健司 3.0 前線の動きの質は上がった。まだまだ。
 啓太 3.5 高い位置でのポスト◎。

 須田    もっと得点を意識しろよ。
 島崎    少し位置が低い。
 藤盛    走りきれ。
 櫛田    もっと裏に抜け出せ。
 山田    ベンチにおる場合じゃないやろ?

DSCF3261.jpg

DSCF3271.jpg

DSCF3280.jpg

DSCF3287.jpg

DSCF3309.jpg

DSCF3320.jpg

DSCF3316.jpg


DSCF3321.jpg

DSCF3329.jpg

DSCF3331.jpg

DSCF3338.jpg

DSCF3352.jpg

DSCF3361.jpg

 
Designed by aykm.