長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
10月27日 朝日新聞コラム『side change』そのまま
 ペトロビッチの美学
 すごみすら感じた。ぞくぞくするような。25日の川崎・等々力競技場。大勝した川崎の攻撃ではない。7点を奪われた広島の戦いぶりにだ。
 前半18分、足が止まったスキを突かれて失点。7分後に森脇の退場で10人に。ここから一人ひとりがギアを1段上げて果敢に攻めた。J1でも最強であろう川崎のカウンターは承知の上。リスクを負ってDFが攻め上がり、速いパス交換から1トップの佐藤寿を走らせてゴールに迫った。10人が11人を慌てさせた。
 後半6失点の数字だけを見れば、無謀な惨敗と言えるかもしれない。不利な状況を考えれば、さらなる失点は命取り。むしろ守りを固めて逆襲に徹するのが普通だ。広島は勇気を持って攻め、何かを起こそうとした。もともと相手の鼻先でパスを回す攻撃的なスタイル。選手に無謀な攻めという意識はない。自らのやり方を貫くことで逆転勝利の道を探ったまで。優勝争いに残るためにリスクを冒す価値がある試合であることも、守り倒すようなマネができないことも計算済みだった。
 試合後、ペトロビッチ監督は穏やかな表情で選手を迎えた。「守って0-1で負けて良かったと思うよりも、大敗した方が学べる。痛い敗戦だが死ぬわけじゃない。これがわれわれのスタイルだ」。彼と同じように「攻撃こそサッカーなのだ」と説いたオランダのスーパースター、ヨハン・クライフは「美しく敗れることは恥ではない。守って無様に1-0で勝つことが恥であり、それはサッカーではない」と説いた。
 等々力まで足を運んだ広島サポーターは選手に拍手を送った。0-7で負けてもクラブに誇りを持てるサポーターは幸せだ。でも、悪いけど、この監督に個人能力の高いチームを持たせてみたいと想像してしまう。例えば、川崎のような。
スポンサーサイト
10月25日 県リーグ第7節 FC岐阜セカンド戦
 FC岐阜セカンド戦 0-7(前半0-3、後半0-4)
              
 ブッちぎりで抜けているセカンド戦。作戦云々より各自が最大限やれることをやるのみ。動けなくなるまでフルコートでプレッシャーを掛け続ける事を確認した。
 試合開始からとにかく厳しく寄せる。時計を見るとまだ3分しか経ってないが、かなりの運動量。でもうちは引いて守るチームじゃないから、ひたすら寄せる。良くも悪くもうちはガンガン行くのがリズムだから、常にリスクはある。今日は悪い方向に全てが向いた。カバーを付けず、パスの出し所を抑えるもしくは限定に行ったが、相手はフィニッシュで終える技術、フィニッシュの精度がうちとは決定的に違った。ワンチャンスで抜け出した所を早々に先制された。その後スーパーシュートが決まり、更に苦しくなった。その後は押されながらもいいリズムも出だしたが、決定機とまでは行かない。前半終了間際にどうしても欲しかった次の得点を相手に取られた。
 後半は結果として0-4だった。
 完敗だった。でもたくましさも感じる試合だった。失点しても誰一人勝負を捨てなかった。1試合をあれほど走り通した。だから相手の脱帽するプレーや、足りない所は素直に受け入れれる。俺を含め、チームの未熟さもあり、相手の良さも出て7失点だったが、最後までよく走り、競って、厳しくプレーした。絶対次回対戦する時は勝つ。ここままで終わらせてたまるかと思った試合だった。

 ※ 今日は採点なし。お前らなら絶対リベンジできると感じるプレーをした。

PA250829.jpg

PA250830.jpg

PA250831.jpg

PA250832.jpg

PA250842.jpg

PA250850.jpg

PA250851.jpg
10月18日 県リーグ第6節 モリシンズFC戦
 モリシンズFC戦 3-1(前半1-1、後半2-0)
            得点者:翔也2、羽賀

 10月3連戦の第2戦。是非とも先週の勝ちを今週につなげたいところ。しかし、なんか嫌な空気。試合前の段階でケガ人が出た。
 気を引き締め、試合に入る。いきなり捻挫する選手が出る。DFラインがいつもと違うので、タイトなマークを意識する。ここでポジショニングが若干遅れるポイントが気になる。中途半端なラインコントロールから、相手FWが抜け出して先制される。修正の必要があり、ポジションを変更する。中盤のバランスが気になったが、DF、MF共にこちらのリズムになってきた。ここでまたアクシデント。DFがグランドのくぼみでバランスを崩して腰を痛め、選手交代。またここで、全体にポジションを変更する。アクシデント続出、頻繁なポジション変更の割りに、混乱なく試合を運べたところは良かった。リズムが出てきた所で同点に追いつく。そのまま前半終了。
 後半はいきなり決定機を作るが外す。高い位置で試合を運ぶが、なかなかいい形とまではいかない。中盤のバランスがいまいち。徐々に相手の足が止まりだし、強気に打ったシュートが入り逆転。CKキックを押し込んで、追加点。その後、PK、1対1を外すが、試合終了。
 デコボコの多いグランドは割り切って、パスを飛ばす場合も出てくる。雨の場合でもそうだが、状況に合わせたサッカーをチームとしてやっていく必要がある。ケガはグランドが悪い事が大きな要因だが、全員が同じ状況である以上、簡単にプレーする事や、判断を早くする事で次回からはケガをしないようにしたい。
 来週は首位のセカンド戦。足りない所はあるが、それぞれの長所で勝負し、チームとして粘り強く戦うぞ。

 村瀬 2.5 ゴール前に張付き過ぎ。
 丹羽 3.0 体の入れ方○。もっとサイドで起点なれ。
 山口 ・・・ トレーニング不足もある。1週間で治せ。
 遥平 2.5 相手、味方に合わせてやり過ぎ。自分のリズムでやれ。
 島崎 4.0 流動的によくやった。チームを安定させた。
 羽賀 3.5 前半は落ち着かなかったが、後半○。
 翔也 3.5 後半消えた時間があったが、リズムを作った。
 孝次 3.0 前半受ける回数が少なかった。慣れない所もよくこなした。
 西澤 3.0 お前が受ける回数とチームのリズムは比例してるぞ。
 健司 3.5 プレーの質が上がった。
 啓太 3.0 コンディション不良。動き直しが足りん。
 
 明峰    簡単に叩いてもう一つ前で勝負。決めろ。
 雄哉    もっと積極的に仕掛けろ。PK禁止。
 翔平    フィードは受け手の右、左を意識しろ。

PA180784.jpg

PA180798.jpg

PA180803.jpg

PA180805.jpg

PA180810.jpg

PA180811.jpg

PA180814.jpg

PA180817.jpg

PA180818.jpg
10月11日 県リーグ第5節 養老クラブ戦
 養老クラブ 4-2(前半3-2、後半1-0)
         得点者:啓太、健司、遥平、雄哉

 前節の負けをどう受け止めたか、各自の変化を見た。
 試合は前線からどんどんプレッシャーを掛ける事を第一に意識。前半早い時間帯に、高い位置でのボール奪取からいい形で2得点。でも、ここから相手の気持ちの入ったプレーとは逆に、安心してプレッシャーが甘くなる。PKとFKで同点にされ、ここからが勝負。互いにプレッシャーが激しく、なかなかボールが納まらない中、幾度とある得点チャンスで決めれない。前半終了間際にドリブルでのオーバーラップから見事なロングシュートが決まり、いい形で前半終了。
 後半はコンディション不良のポイントで押し込まれる事が出てきた。ただ全体的には本来のリズムにならない中で、粘り強く、我慢強くプレーを続けた。何度も最終ラインを突破するが、シュートへの意識が低い。途中交代で入った選手が前線からのプレッシャーで得点。2点差でも勝負を捨てない相手のプレーにはかなりしんどい対応になったが、このまま試合終了。
 養老クラブの勝負へのこだわりや、簡単には諦めないプレーは、謙虚に学ばなければならないと思った。うちに一番足りない部分だと思う。
 形にこだわらず、勝ちにこだわれたのは前進した。ただ、前節の後半のパフォーマンスとまではいってない。ジャッジに不服を言って止まる集中や、ワンプレーで切れるプレーは意識の低さを感じる。一人の緩慢なプレーが一気にピンチを招く事をもっと意識しろ。
 やっと五分になっただけ。ここからが勝負やぞ。

 播磨 2.5 下向くな。落ち着きのないGKは役にたたん。
 丹羽 3.0 積極性はいい。得点に絡め。
 青木 2.5 要所で集中を欠いた。もっとできる。
 山口 2.5 練習不足。もっとトレーニングしろ。
 遥平 3.0 得点◎。簡単なパスミス×。体をきちんと入れろ。
 羽賀 3.5 広い範囲をよくカバーした。
 島崎 2.5 マークの距離が遠い。もっと厳しく寄せろ。
 孝次 3.0 点取れよ。後半は高いままになったぞ。
 西澤 3.0 もっと顔出し、DFをやれ。お前は球に触ってナンボ。
 啓太 3.0 ワンプレーで足が止まるなぁ。全然動けてないぞ。
 健司 3.0 縦に仕掛ける自信がないなら走り込め。

 雄哉    もっとできる。あのプレー時間ならガンガン行け。
 カバ    寄せきれないポジショニングは×。
 隆広    20分は動けるようにトレーニングしろ。
 山田    何が一番足りんか分かるか?
 村瀬    出番が近づいてきたぞ。

PA110775.jpg

PA110776.jpg

PA110778.jpg

PA110779.jpg

PA110782.jpg
Designed by aykm.