長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
5月8日 東海リーグ第1節 中京大学FC戦
 中京大学FC 2-2(前半1-0、後半1-2)
          得点者:孝次、羽賀

 いよいよ東海リーグが始まった。対戦相手、運営、その他全てが手探りの状態なので、とにかくその瞬間に自分達のやれる事をやるだけ。
 相手は大学生で練習もしているし、能力も高かった。だから格下相手ということで、ゆっくり試合をしてもらえた感じ。前半は猛烈な風下。何度かカウンターを仕掛けるが、なかなかいい形とまではいかない。少しプレッシャーが緩いときちんとキープされ、確実に崩しに来る。一つプレスが遅れると、それを取り戻す為に後手後手に回る。バイタルでのアイデア、技術、連動は見ていて勉強になった。もちろんただ勉強に来たわけじゃないから、勝ちに行く。前線から厳しく追って、パスカットから強引に打ったシュートで先制。
 後半開始直後にFKから同点に追いつかれる。ミスを見逃してくれることはない。後半は高い位置でプレーできたが、崩しのイメージがちょっと不足しているかな。話はしたが、裏を狙う動きがもっと必要かな。OFの2枚が上がれるスペースを上手く作りたい。味方同士で競り合ったミスを突かれて、左サイドから崩されて失点。その後、ラッキーな判定でもらったFKをねじ込んで同点。終了間際にピンチがあったが、防いで試合終了。
 今日の勝ち点1をどう判断するかはこれから。通用した部分と、相手のプレーに感服した部分とがあった。特にフィニッシュへの仕掛け方、技術はレベルが違う。今までの感覚でDFしていたら間違いなくやられる。
 でもなんか全く知らない相手とガチンコでサッカーしている様子は楽しそうにも見えた。今までのよく戦った相手とやる県リーグとはいろんな意味で違って刺激にもなった。課題はあるが、一歩ずつ確実に進むぞ。

 播磨 3.0 ピンチを作らせないコーチング。
 丹羽 3.0 後半仕掛けが減った。積極的にやれ。
 青木 2.5 間合いが遠い。今までの感覚ではやられる。
 山田 3.5 気持ちが入ってた。続けろ。
 蓮池 3.0 もっとタイトに。人を確実に掴まえる。
 羽賀 3.0 バイタルへの仕掛けを増やす。攻守の切り替え時のマーク。
 朋也 3.0 後半消える時間がある。もっとボールに触れ。
 孝次 3.5 積極的な仕掛け◎。もっと裏も狙え。
 松葉 2.0 マジで死ぬ手前。きちんと給水しろ。
 孝也 3.0 もっと頭を柔らかく。お前はスピードの武器を活かせてない。

 翔也   スタメンじゃないし、点取ってないし・・・。
 啓太   試合中くつろぐな。急いで体絞れ。

P5080232.jpg

P5080235.jpg

P5080248.jpg

P5080249.jpg

P5080259.jpg

P5080262.jpg

P5080272.jpg

P5080274.jpg

P5080281.jpg
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。