FC2ブログ

長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
内部資料(9月26日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
スポンサーサイト



2011/09/26(月) 20:51:38 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
9月25日 東海リーグ第15節 ISE YAMATO FC戦
 ISE YAMATO FC戦 1-2(前半1-1、後半0-1)
               得点者:千葉

 前回悔いの残る試合だっただけに何としても勝ちたい試合だった。メンバーが入れ替わったポジションがあり、じっくり試合を運ぶ事を確認した。
 前半立ち上がりはそこそこ。徐々にリズムが掴めてきたかと思った所、カウンター気味に仕掛けられて失点。でも落ち着いている感じだったから仕切り直し。失点後5分でセットプレーから同点に追いつく。こういう時間帯で得点できた事は非常に良かった。前半決定機が4本あったが、畳み掛ける事ができなかった。
 後半は相手の足も止まり出して、ポゼッションは高い。ただ引いて守ってカウンターのチームは、ポゼッションが低くてもあまり慌てない。攻めさせてるぐらいの気持ちだったが、カウンターのケアをしっかりしていてやられる気配はなかった。この日OFが終始チグハグで、展開も良くない、打開も良くない状況。決定機も決めきれず、時間がどんどん経過していく。勝ち切れない89分の場面で縦への展開を防いだFKから押し込まれて失点。ロスタイム3分で追いつけず試合終了。
 昨日あれから1人で振り返っていた。試合をするのは選手で、俺ではない。課題や修正すべき点も結構あったが、一番の敗因は俺だ。トレーニングで高い要求をこなそうと取り組んでいたし、質の高いプレーを続けた選手や、コンディションが良くない状態で悪いながらも試合中に修正した部分があり、勝てるプレーを続けたのに引き分けどころか負けにしてしまった要因はコンディション調整のマズさ、試合中の修正、選手交代の見極め、最後のセットプレーでの指示等の部分で、試合を左右したのは俺の責任の部分だった気がする。押し込んでいても勝てないし、ワンチャンスで勝ったりもするのがサッカーで、『サッカーってこんなもん』って言えばそれまでかもしれないが、この内容で選手に全ての要因はない気がした。今も振り返りながら後悔と反省をしている。負け試合を勝ちにする事が俺の役割なのに、勝ちを負けにした。必ず残り試合でこの分は挽回する。

DSCN2488.jpg

DSCN2502.jpg

DSCN2516.jpg

DSCN2607.jpg

DSCN2651.jpg

DSCN2682.jpg

DSCN2732.jpg

DSCN2816.jpg

DSCN2831.jpg
Designed by aykm.