長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
3月30日 日本経済新聞コラム『サッカー人として』
 『成功よりも成長したい』(原文のまま) 三浦知良

 これまでのプロ生活で何人の監督とチームを共にしただろう。30人ぐらいかな。上司が30回も代わる会社員、なかなかいないよね。
 横浜FCは今季3試合で監督が交代、G大阪も監督が解任された。この世界は厳しい。どんなにいい戦術でいい練習をしても、勝たなければ良い戦術・練習とはいえなくなる。僕からすればG大阪は悪いサッカーでもなく、たまたま点が入らず負けていたように見えたけど、3週間勝てず監督がクビになってしまった。 
 新しい監督になってやり方がガラリと変わり、連勝し始めたとする。となると前監督の下で過ごしたキャンプや準備期間は一体何だったんだろう。試合直前にチームをつくっても結果は出ると勘違いしそうだよ。内容が悪くても、勝てていれば「勝たせる指揮官」かもしれない。何が正しいかと問われると、分からないというのが僕も正直なところ。正しいと言い切るには勝つしかないんだろう。
 でもね、サッカーの成功とは最終的には「勝ち負け」とは違うんだと思うんだ。成功した、結果を出せたというのは人が判断することで、自分が決めることじゃないでしょう?試合も自分一人では勝てない。相手があり、その日の調子、運もある。でも成功と成長は別だから。成長したいという気持ちは誰にも邪魔できない。それに自分だけでも成長はできる。そりゃあ邪魔する人はいるかもしれないよ、でもそれはプラスにとらえればいい話で。
 選手には頭と体の「帳尻」が合わなくなる難しい時期がある。それまでできたプレーが少しできなくなるときだ。でもそこで練習を年齢とともにうまく変化させると、帳尻はまたついてくる。どんな状況だろうが常に100%で――。岸野靖之前監督の下で磨きがかかったことだ。そして山口素弘新監督になり、自分がこの人とどう成長できるかを考える。今日負けたからダメ、今日勝ったからOK、じゃない。人間として成長したいから、やる。
 「成功は約束されていないが、成長は(本人次第で)約束される」。日本代表のザッケローニ監督はいいこと言うね。成長すると言う信念を抱く人間に青春は訪れる。成功よりも成長したいとの気概でことにあたる人がずっと青春を生きるんじゃないかな。
スポンサーサイト
内部資料(3月25日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012/03/25(日) 21:05:37 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
練習試合
DSCN5523.jpg
DSCN5603.jpg
DSCN5671.jpg
DSCN5960.jpg
DSCN5986.jpg
DSCN6016.jpg
3月19日 東海リーグ日程
 3月19日時点での東海リーグ日程。2部の試合で1試合未定があるが、ほぼ決定したものになる。ホームページは今準備中だから、一先ずこっちで案内しておく。
 今年もいろいろな方にご協力していただいてグラウンドが確保出来た。その中には対戦相手のチームも含まれ、日程変更や調整に関して、かなりご協力をしていただいた。チームや組織としての力のなさを痛感する一方で、いろいろな方のご協力の上でサッカーができる事に感謝しなければいけないと強く感じた。サッカーが出来る事が当たり前ではない中で、東海リーグという場で戦える事にもっと自覚・責任も感じなくてはいけない。自覚と感謝を忘れずにサッカーに取り組め!!

 『2012年度東海社会人サッカーリーグ1部2部全日程』(EXCEL)
 『2012年度東海社会人サッカーリーグ(長良クラブ)』(EXCEL)

 『2012年度東海社会人サッカーリーグ2部①』(JPEG) 
 『2012年度東海社会人サッカーリーグ2部②』(JPEG)
 『2012年度東海社会人サッカーリーグ(長良クラブ)』(JPEG)

 ※ 長良クラブ分で青色はホーム、黄色はアウェイ。 
内部資料(3月19日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012/03/19(月) 19:07:49 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
内部資料(3月7日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012/03/07(水) 00:30:38 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
3月5日 全社組合せ
3月4日 練習試合
 今日は格上のFC岐阜セカンドとの試合。明らかにコンディションが上がっていない様子だったが、それでもあらゆる面で格の違いを感じさせられた。
 普段からお前らに言っている事は、自分より強い相手、上手い相手、速い相手、デカい相手等とマッチアップした時に何ができるのかという事。何か一つでもいいから必ず武器になるもの、勝負できるものが自分にあるかが大切。その武器を個人として勝負するだけでは絶対に勝てない。チーム全員のそれぞれの武器を、チームとして活かす事でしか格上には勝機を見い出せない。
 そういう中で足りないながらも持ち味を出してプレーできる奴と、能力・センスはあっても何もできない奴がいた。後者は普段から甘いと言われ続けている奴。その甘さが厳しい状況になると露呈される。さらにそういう奴は自分のせいでやられてるという感じ方ができないから、『でも』とか『だって』と必ず言い訳が入る。厳しい状況、苦しい状況で発揮できるものが技術であって、格下相手や緩い状況でしか発揮できないものは技術でも何でもない。今日のような格上相手に相手の足を掴んででも止めるとか、ワンチャンスに全力を注ぐメンタルがない奴は、どんな相手と試合をしても、苦しい局面で絶対に緩いプレーをする。だから俺はそういう奴を使わないって言う。
 選手それぞれも東海リーグを想定してのプレーの質の現状把握、レベルアップの具体的な目標等より明確になったと思う。俺としても選手の見極めもある程度はっきりしてきた。まあ思った通りではあるが…。ここからはもっと具体的にチーム作りを形にしていく。全員平等にチャンスはあるが、プレー時間を平等に与える事はない。チャンスは与えられる訳ではなく勝ち取るしかないからな。足りない選手はプレーできるようにレベルアップしろ。メンタルがどうのこうの言われてる奴にプレーする機会はやってこない。
 あと今日の試合の状況はほとんどトレーニングの設定に入れ込んである事を感じたか?普段きちんとトレーニングに来ている奴は分かると思うが、短い練習時間に今日の試合で起こった状況、求められる技術等詰め込んでいる。だから練習に来ている奴は下手なりに使えるようになってくるし、上達してくる。まずはナイターのトレーニングをきちんとこなせるようにならない事には話にならんぞ。

DSCN5049.jpg
DSCN5054.jpg
DSCN5074.jpg
DSCN5128.jpg
DSCN5205.jpg
DSCN5245.jpg
DSCN5303.jpg
DSCN5365.jpg
DSCN5489.jpg

 
Designed by aykm.