長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
9月23日 東海リーグ第14節 春日井クラブ戦
 春日井クラブ戦 2-2(前半2-0、後半0-2)
           得点者:孝也、翔也

 先週大敗を喫して、前回対戦でも大敗を喫した春日井クラブとの対戦。
 相手は主力選手が何人か欠けている状態ではあったが、前半は悪い時間がある中でそれなりに意図した崩しで得点出来たが、後半違うチームになったかのような状態だった。
 鉄人が、『試合に出ている選手にかなりの意識の差を感じる』と言っていたが的確な評価だと思う。大体とかこれぐらいという意識の奴らはあらゆる局面で相手の後手に回っていたし、抜けそうで抜けない、取れそうで取れない状態になっていた。
 少しの差の積み重ねが大きな差になること、何気ない一つ一つのプレーの精度・レベルをもっと高めないと、自分達でリズムを作るサッカーはできない。OF、DFにかかわらずリアクションのプレーをしているようでは面白くも何ともない。
 今年はあまりに足らない部分が多過ぎて、技術的や戦術的な指示、コーチング等まで全然達しなかった事が今日の後半の結果につながった。連動した仕掛け、突破のコンビネーションが悪く、意思統一が出来ていない。迷いがあるから、パスミスになる。
 あと残り2試合の状況でできる事は限りがあるかもしれないが、今シーズンの事だけでなく、これからにつながるサッカーをしたい。もちろん目の前にある可能性には全力で挑戦しなくてはいけない。

 播磨 2.5 勝敗以上の損失。
 青木 2.5 後半マークがズルズル。
 鉄人 3.5 チームにもたらす影響はとんでもなく大きい。
 暢人 2.5 視野が狭いし、頭が回らん。
 森田 2.5 相手にどこまで運ばせるつもりや?
 羽賀 2.5 後半リズムを全く作れていない。
 朋也 2.5 ここで判断が悪くてはサッカーにならない。
 翔也 2.5 3人のバランス、飛び出し、パス回しが悪過ぎ。
 丹羽 2.5 数的優位で突進しかできんでは話にならん。
 孝次 3.0 後半前に急ぎ過ぎ。体はキレてた。
 孝也 2.5 積極的にゴールに仕掛けろ。

 明峰  シュート打ってないぞ。
 遥平  後半から入ってマーク緩すぎ。

DSCN8537.jpg
DSCN8552.jpg
DSCN8673.jpg
DSCN8687.jpg
DSCN8728.jpg
DSCN8739.jpg
スポンサーサイト
9月23日 試合結果
 長良クラブ 2-2 春日井クラブ
 トヨタ蹴球団 4-2 浜松大学FC
 FCアスルクラロ沼津 3-0 ISE YAMATO FC
 FC KAWASAKI 5-1 コニカミノルタSC豊川
内部資料(9月18日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012/09/18(火) 18:42:05 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
9月16日 東海リーグ第13節 トヨタ蹴球団戦
 トヨタ蹴球団戦 1-6(前半1-4、後半0-2)
           得点者:孝次

 相手はぶっちぎりで優勝を決めたトヨタ蹴球団。
 技術、戦術その他全てにおいて格上の相手に対して、まともに戦えた選手は数人。何か一つだけでも相手に負けないように意地を張るわけでもなく、1点目から3点目の失点もサッカーをナメたようなプレーから失点した。上手い相手の方が厳しく、粘り強く、球際・ライン際でプレーしているようでは全く勝負になるはずがない。『このぐらいいいだろう』とルーズにしたり、サボった意識・プレーが圧倒的な差になって跳ね返ったきた。
 はっきり言って今年のチームは粋がった中学生のようなチームのままだ。本当に厳しい局面では下を向いて何もできず、向かっていく精神力すらない。トレーニングからこのようなレベルに少しでも近づく意識、努力もしない。相手に対して失礼すぎるわ。
 たまたま運だけで2位争いをしているだけで、実際は8チームで一番劣っているチームはうちだと思っている。実力ももちろんだが、サッカーに対しての取り組み方が遊びのサークル程度の奴が何人もいる。お前らの態度はサッカーにしても、対戦相手に対しても冒涜とすら感じるわ。

 播磨  もっとコーチングの質でコントロールできる。 
 若園  評価対象外
 青木  評価対象外
 暢人  評価対象外
 森田  評価対象外
 遥平  評価対象外
 羽賀  後半のポジショニング◎。
 朋也  起点ができる選手同士で確実にやる。
 昇吾  評価対象外
 孝次  近い選手と確実に崩す。
 孝也  ちょっとポストの質が上がってきた。プレスが弱い。

 和馬  評価対象外  
 健司  体作ってこい。
 直人  90分強いメンタルで挑めるようにしろ。
9月16日 試合結果
 長良クラブ 1-6 トヨタ蹴球団
 FCアスルクラロ沼津 4-1 コニカミノルタSC豊川
 浜松大学FC 2-2 春日井クラブ
内部資料(9月10日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012/09/10(月) 18:07:03 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
9月9日 東海リーグ第12節 浜松大学FC戦
 浜松大学FC戦 3-0(前半0-0、後半3-0)
           得点者:朋也、明峰2

 前回の対戦では勝ったものの、内容では完敗した相手。OF、DF共、自分達のサッカーをきちんとやりたかった。
 前半立ち上がりは前回同様かなり対応に苦労する。前回試合に出場していない選手はもちろんだが、出場した選手ですら相手のポジションチェンジに翻弄される。基本ができていれば問題ない部分もあるが、最近のサッカーはブロックを作ってのゾーンディフェンスという名目で1対1の基本ができていなかったり、個々の能力のレベルアップができていない選手が多い。上っ面のDFしかやっていない選手ではこういう相手に対応しきれず、それが全体に影響して大きなズレになった。相手のシュートミスに助けられたが、完全な決定機が最低で2回あり、それが決まっていたら畳み掛けられて勝負はついていたと思う。オフェンスも球が収まるくせにキープをしようとせず、簡単にボールを失ったり、勝負すべき所で横パスする場面があり、その消極さにイライラ全開。悪いながらもスコアレスで前半終了。
 ハーフタイムで自分達の勝負すべきポイントではガンガン仕掛ける事を厳しく確認する。もちろんDFの確認もして勝負にいく。
 後半開始間もなく、粘り強いボールキープからバイタルに果敢に進入してファウルを受けPK。これが1発レッドで、このPKを決めて先制。その後、10人になった事もあり多少楽になるが、相手のOFには相変わらず四苦八苦する。しかし勢いがなくなる前にCKをねじ込んで追加点。一気にこれで楽になった。その後決して楽な展開にはならない状態ではあったが、終了間際にさらに得点を重ねて試合終了。
 相手の退場に救われた試合だった。はっきり言って内容では負けていたし、スコアが力関係を表しているものではない。来週は首位トヨタ蹴球団。しかも前節チンチンにやられた。ここでどれだけできるかが一番大切になる。リーグ戦も実質1ヶ月余り。全力を尽くして勝ちにいくのみ。

 播磨 3.0 コーチングの質を高めろ。
 遥平 2.5 試合の流れを決める判断が悪い。
 暢人 3.0 マークの受け渡し、距離感に改善の余地あり。
 若園 3.0 安定感が全然違う。
 森田 3.0 状況判断が悪すぎる。
 翔也 2.5 ここから全体をコントロールしろ。
 浩平 2.0 何一ついいところなし。
 朋也 3.5 安心して見ていられる。
 明峰 3.5 後半の判断・プレーをいつもやれ。
 丹羽 3.0 積極的なプレーなら多少の事は目をつむる。
 孝也 3.0 後半ポストの質が上がった。ここからが勝負。
 
 孝次   全然いると違うな。
 青木   ボールを奪ってからの判断が悪い。
 町居   どこでもこなせ。

DSCN8098.jpg
DSCN8102.jpg
DSCN8108.jpg
DSCN8113.jpg


 
9月9日 試合結果
 長良クラブ 3-0 浜松大学FC
 トヨタ蹴球団 3-2 春日井クラブ
 ISE YAMATO FC 2-1 コニカミノルタSC豊川
 FC KAWASAKI 0-0 FCアスルクラロ沼津
内部資料(9月3日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012/09/03(月) 21:13:17 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
9月2日 東海リーグ第11節 FC KAWASAKI戦
 FC KAWASAKI戦 2-0(前半0-0、後半2-0)
            得点者:翔也、町居

 今日からリーグ後半の再開。やる事は目の前の1戦に全力で挑み、勝ちにいく事のみ。相手は今季から東海リーグに昇格したFC KAWASAKIだが、全社東海大会、岐阜県選手権に出場し、経験・実績共にうちを大きく上回る。チャレンジャーとしてどれだけ貪欲にいけるかが重要な試合だった。
 開始から悪くない。と言うか、ここ最近では全然良い方。こういう時こそ落とし穴があるから気を付けたいと一人で思いながら試合は進んでいく。悪くはないが、自分達がやろうとしている事ができているわけではない。今までよりもきちんと戦えているという感じ。実際膠着した状態が長く続いたし、バランスが悪くなって、自滅気味にリズムを失う時間帯も多かった。我慢比べができないようではサッカーなんてできないが、今日は久々に我慢比べができていた。オフェンスのバランスが悪いまま前半終了かと思ったが、終了間際にいい形を作ったが決めれず前半終了。
 後半はバランスが良くなって、リズムも良くなった。全体のオフェンスに行く時に点を取りきらないとリズムは簡単に逆転するもので、カウンターからファウルを取られてPKを与えるが、ここでビッグセーブが出てシュートを防ぐ。またリズムが変わって、右サイドの起点からきれいに崩して先制。ここから相手も前がかりになり、押し込まれる事と、カウンターからの決定機を繰り返す流れになったが、途中出場の選手が集中した動きから裏に抜け出して追加点でそのまま試合終了。
 トレーニングを真面目にこなした選手、練習試合でいいプレーをした選手を出場させたがよく頑張ってくれた。何気ないプレーで流れを悪くしたり、相手に流れを渡すことがかなり少なかった。だからこそ我慢比べをできたと思う。そういう意味ではチームとして戦うことがきちんとできていたからこそ勝ちに繋げられたと思う。
 ここから残り5試合は控え選手を含めたチーム全員の力が本当に問われる状況になってくる。きちんとトレーニングでレベルアップ、修正をして次の試合に挑むぞ。

 播磨 3.0 PK◎。ハイボールの処理×。
 遥平 2.5 ちょいちょい頭と足が止まる。クロスで逃げるな。
 青木 2.5 コーチング、球際の処理×。
 暢人 3.0 クロスの対応は改善の兆しがあった。
 浩平 3.0 足りないプレーもあるが、お前のプレーは流れを良くする。
 羽賀 3.0 ここからコーチングが始まってもいいぐらい。
 朋也 3.0 ケガ明けを考慮して及第点。
 翔也 3.0 得点のみ○。もっと起点になれ。
 孝次 3.0 ちょっとらしさが出てきたかな。
 丹羽 3.0 あれぐらいでは満足しない。
 孝也 3.0 久々の割には良かった。これからだな。

 明峰  きちんと決定機を決めろ。
 森田  トレーニングしろ。今日の意識は良かった。
 町居  お前のようなプレーが一番必要。よくやった。

DSCN7892.jpg
DSCN7917.jpg
DSCN7926.jpg
DSCN7929.jpg

 
9月2日 試合結果
 長良クラブ 2-0 FC KAWASAKI
 トヨタ蹴球団 2-3 ISE YAMATO FC
 春日井クラブ 0-2 FCアスルクラロ沼津
 浜松大学FC 3-2 コニカミノルタSC豊川
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。