長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
5月24日 東海リーグ第3節 Chukyo univ FC戦
 Chukyo univ FC戦 0-4(前半0-1、後半0-3)
 
 なんとか勝ち点が欲しい。
 前半後ろのカバーの質と中盤のバランスが良くない。メンバーを固定してチームの完成度を高められないのが、今の試合結果になっている。1部はこれでは通用しない。だけど、やりながら修正するしかない。バランスの悪さは攻撃が単発になってくる。あと個で劣る分、常に人数をかけていることが各駅停車のようなパスになって余分に手がかかり過ぎている。1人飛ばしてパスをする上手さがないから仕方ない。お互い膠着した状況だったが、ロングボール1発で上手く抜け出されて先制される。
 後半選手を入れ替えてポジションを修正するが、余計に悪くなった。これは結果的に俺の判断ミス。ロングボールが多くなるが、中盤もルーズな状況で間延びさせてしまう。ケガの治療を判断して10人の間にCKで失点。さらにこの治療もダメで選手交代。ここからさらに内容が悪くなった。今までは悪いなりに後半は対応と修正ができていたが、今日は悪くなった。緩いポイントが増えた。PKと終了間際に失点を重ねて試合終了。
 1部のチームは個の能力の高さもさることながら、試合中に戦術、狙いを変化させてそれを実行する力がある。わかっていて上手くやれないチームと狙いを実行させれるチームの力の差はとてつもなく大きい。
 試合中に変化させれないなら、1試合毎にトレーニングで修正するしかない。1部で勝ち点を奪取することは想像以上に険しいからな。覚悟を持ってトレーニングするのみ。

 健太 チームを引っ張るポジションという自覚はあるか?
 若園 距離が遠い。
 真吾 コーチングで全体の動かせ。
 向井 試合に全然入れなかった。
 長尾 パスのタイミング、判断等課題は多い。
 蓮池 やっぱり中盤かな。 
 鈴木 もっと自分がやりやすいように指示しろ。
 中條 消える時間が多かった。
 翔也 トレーニング不足。
 藤盛 シュートへの意識がない。
 丹羽 ストロングポイントで勝負できんなら使えん。
 
 昇吾 起点を作れてない。
 奏斗 ルーズさが目につく。
 孝次 単純なパスミスしているようでは厳しい。

5-24001.jpg
5-24002.jpg
5-24003.jpg
5-24004.jpg
5-24005.jpg

   
スポンサーサイト
内部資料(5月18日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2015/05/18(月) 20:01:20 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
5月17日 東海リーグ第2節 FC刈谷戦
 FC刈谷戦 1-2(前半0-1、後半1-1)
         得点者:丹羽

 今季初のホームゲーム。と言っても何か特別なことをするわけじゃないけど・・・。
 先週1部の質は実感した。その修正ポイントをはっきりさせて挑むが、前半は全くダメ。相手のポジションチェンジにチンチンにされてる。どのチームも真ん中に一番質の高い選手を置いている。ここを自由にさせたら、相手をリズムに乗せることになる。格上をリズムに乗せたらやられるわ。先週と同じ状況になっている。PKの1失点で済んだのは助かった。
 もう一度修正をして後半に挑む。個の力で劣ることは明確だけど、どこで勝負するかで全く試合は変わる。開始早々、ショートカウンターからきれいに決まって同点。少ない決定機だが、同点になるとチームのモチベーションも全然違う。押し込まれてはいるが、前半チンチンだっただけにそれよりは大幅に改善と開き直る。だが、一瞬のお見合いから中にドリブルで進入されて見事なミドルシュートを決められる。こちらも粘るが、そのまま試合終了。
 1つ1つのプレーの質が高い。その上、経験値が加わっているから、穴が1つ開いたら試合にならない。ガッツリ組み合っても力の差で押し切られる。失うものがない立場って、自分がやることに迷いがなくなる。
 格上とやるのが楽しいと思って、絶対に勝ってやると思っているのは俺だけか?

 健太 お前チームのリズムを感じていない。
 若園 半端なプレーは通用しない。
 暢人 自分がやり易くなるようにコーチングしろ。
 真吾 ボランチを上手く使え。
 長尾 運動量を3倍上げろ。
 奏斗 自由にさせないとはどういうことか?
 蓮池 真ん中の人、スペースをコントロールしろ。
 丹羽 プレーが止まる。
 孝次 コンディションが上がらないと通用しない。
 翔也 技術だけでは通用しない。
 昇吾 体の使い方、ゴールへの意識が足りない。
 
 棚瀬 やせろ。
 西村 ラインを割ると判断した所にレベルの低さを感じる。

5-17001.jpg
5-17002.jpg
5-17003.jpg
5-17004.jpg
内部資料(5月12日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2015/05/12(火) 17:35:28 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
内部資料(5月11日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2015/05/11(月) 11:34:59 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
5月10日 東海リーグ第1節 FC鈴鹿ランポーレ戦
 FC鈴鹿ランポーレ戦 0-3(前半0-1、後半0-2)

 いよいよ1部でのチャレンジが始まった。
 結果も内容も完敗だった。点差以上の差を感じた。実際に戦った選手は感じていると思うが、全てにおいて差があり、その積み重ねで大きな差になっている。埋まらない差は仕方ないが、チーム・個人として戦いの中で勝つ為の小さな積み重ねがこちらは全くできなかった。
 俺は基本的に常に格上と戦って何ができるかを考えて、トレーニング、コーチングをしてきた。自分達の思い通りにならない相手にどう戦うか、何を磨き上げるか・・・。常に厳しい目で見てきたのは、今日のような相手に何ができるかを想定してきたから。
 今日のピッチで、『戦う』ってことが全くできなかった選手も何人かいた。サッカーは技術レベルの高さを競うスポーツと今まで勘違いしてきたんだろうな。相手がいて、勝ち負けがある。目の前の相手、局面に対して、最善な選択は何か、相手が嫌がることは何か、突き詰めるとどうしたら点を取れるか、点を奪われないか。技術、戦術はその為の手段でしかない。手段にこだわって目的を見失っては勝負にならない。
 サッカーに限らず、上手くいかない時は1つ1つ要素を潰して修正していく。地道な積み重ねができず、いきなりの起死回生しか狙わない奴では修正は絶対にできない。
 いろいろ学べた試合だったな。メッキは剥がれたな。本物の輝きを持っている部分も多少はあった。
 さぁ、ここから本物だけを積み重ねて、磨き上げれるかな。

 健太  くさびのコースが切れてない。
 若園  よくカバーした場面もあったが、ファウルが多い。
 安田  潰しきれないなぁ。
 鈴木  慣れないポジションだが、常に工夫と判断があった。
 丹羽  受けに回って勝てるわけがない。
 長尾  普段言ってることが実感できたか?
 奏斗  本質を見失ったら真ん中はできんぞ。
 藤盛  お前が見ている景色を他に伝えろ。
 孝次  無理だったな。
 昇吾  不器用だが少しずつ本物を積み重ねた。
 翔也  全てにおいて試合に入れてなかった。

 田中  普段の意識が質を高めてきている。

5-10001.jpg
5-10002.jpg
5-10003.jpg
5-10004.jpg
5-10005.jpg

 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。