長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
4月10日 全社 大垣FCコーガンズ戦
 大垣FCコーガンズ戦 2-1(前半1-1、後半1-0)
                得点者:創、蓮池

 まずは2回戦を戦えることに感謝。初戦を振り返ると、この場にいることの方が不思議。
 相手は1月にトレーニングマッチもしたコーガンズ。選手個々の能力が高く、カテゴリーが違うだろって別格もいる。その上、さらに補強もしたというから、完全にうちより格上。
 弱者はまずユニフォームを汚すことからやるしかない。しかし、汚し方があり得んわ。ハードワークじゃなくて、滑って転んで汚れる奴が続出。前もって言っても、取替えを用意しない意識の低さはなんなんやろなぁ。
 1月のトレーニングマッチの時は不在で、詳しく相手が分からないので、とりあえず一番リスクのないやり方を選択した。確かに相手はワンチャンスで得点できる。形にこだわるバカがいると、勝負に負けるパターンになる。だけど、やっぱりバカがいる。ボールコントロールや球回しの上手い選手が、いいサッカー選手と思っているバカ。いいサッカー選手は、環境、相手、その他全ての状況を判断した中で、勝ちに導くプレーができる選手がいい選手。球遊びが上手いのとは違うんだよ。
 的確に嫌な所を突いてくる相手は、要所を押さえるのもしっかりしている。だけど、昨シーズン1部でチンチンにされた経験からすれば、やれる部分もある。それを自分達でやれるか見ていた。試合中判断してやれそうな選手4人ってとこかな。コーチングで変わる可能性がある選手4人、どうしようもないバカ3人。この3人が本当にどうしようもない。特に2人は攻守にわたって、ゲームをぶち壊してる。替えたいけど、ケガ人ばかりで替えがいない。ムカムカしてたら、やれそうな選手その①が相手のミスを見逃さず得点。こういうのをきちんと決めきるのがいい選手。その後は、相手の良さをどう潰すかを意識した内容。ピッチも良くないグラウンドだから、潰し合いも仕方ないし、我慢比べも仕方ない。リードしたまま前半を終えたかったが、35分ぐらいでFKを与え、相手が得意な形で押し込まれて同点。FKを与えたファウルが要らないんだよ!
 ハーフタイムで、修正ポイントと狙いを指示する。が、後半いきなりクロスからドンピシャボレー。GKのセーブで肝を冷やす。その後も徹底した戦術で、能力の高さを存分に活かしてくる。これを止めるのはポイントが違うんだよね。競っても勝てないものは勝てない。能力が高いからね。そこへボールを渡さないことをしなきゃいけないけど、バカが2人いると必ず穴が開くんだな。こいつらはたまにオフェンスになっても形にこだわってるのか、シュートへいけない。ペナルティーエリアでパスしたがる奴はオフェンスやるな。おとりになって外にでも行ってればいいわ!だけど、バカだからおとりにもなれない。あああああああああああああああって感じ。相手にビッグチャンスを3回ぐらい作られたが、GKのスーパーセーブ連発でなんとか耐える。しかし、あのセービングはお金取れるぞ。久々に鳥肌が立ったぞ。
 ピンチだけじゃなく、チャンスも作れてたが、如何せんバカが3枚絡んでるから・・・。繰り返し、狙ってることをそろそろ成功させて欲しいと思っていたが、そのままPK戦かなってところでPKゲット。ベンチから見ていたら誤審だとこちらも思ったが、近くにいた奴らは足がかかっていたと言ってた。ともあれ、きちんと決めて勝ち越し。終了間際に大ピンチがあったが、またしてもスーパーセーブで凌いで試合終了。
 試合の結果が全てを示しているなんて、長良クラブは誰1人思っていないかな。内容では負けたと思ってる。GKだけは勝者に値するけど・・・。闘えていない選手もいたし、課題や足りない部分ばかりが目に付いた試合内容だった。
 長良クラブが今相手に勝ててる部分は、あいさつがきちんとできるぐらいだな。
スポンサーサイト
4月3日 全社 岐阜可児FC戦
 岐阜可児FC戦 2-2 PK5-3(前半0-1、後半1-2)
                得点者:蓮池×2

 0-2からロスタイムに追いついて、辛くもPK勝ち。昨年に続いて、とんでもない敗戦になるところだった。こんな結果を2年連続で出したという事は、ただ長良クラブが弱いという事。
 自分達が弱いという事をしっかり認識しろよ。下手だと痛感しろよ。県リーグのチーム、選手でも強いチーム、上手い選手はたくさんいる。下手くそチームは地べたを這いつくばって、ユニフォームを汚すことから始めろ。
Designed by aykm.