長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
7月25日 クラブ選手権準決勝 養老クラブ戦
 養老クラブ戦 4-0(前半1-0、後半3-0)
          得点者:健司、丹羽、翔平、島崎

 今日は風はあるものの、真夏日でとても暑い。この状況ではどうせ走るなら能動的に動いて、自分達のペースで試合を行いたい。
 珍しく試合の入り方が良かった。攻撃は判断良く、DFの寄せ方もいい。でもそう簡単に点は取れないかなっと思った矢先、オフサイドギリギリの抜け出しからGKと1対1。これを後ろから来たDFがファウルで1発レッドでPK。これを決めて先制。ここから流れが変わった。序盤の積極的な姿勢がなくなり、単調で判断の遅いプレーが多くなってきた。前線の人数は減らすが、中盤から後ろは変わらない相手にそれでは全く通用しない。案の定、カウンターを何回か狙われ、むしろ相手のペースのまま前半終了。
 相手の嫌がる所を狙う事を意識して後半に入り、その狙い通りいきなり得点。この得点は暑さ、人数を考えると相手にはかなり堪えたと思う。だが相変わらずカウンターを何度か掛けられる。徐々に相手の足が止まり出し、相手の裏を取る回数が増え、2点を追加して試合終了。
 要所要所で審判のジャッジに救われた感じ。退場者のない状態で試合を行えた方がお互いに良かった。でも、今日の状況ではっきりしたのは、仕掛ける意識の低くなった状態ではいいリズムは出来ない事。スピードに緩急をつけることは物凄く大切。ただ、狙える縦パスやダイレクトパスをせずに、横パスをするのは全然違う。前半序盤の横パスの質と、後半の横パスの質の違いに気付かないといけない。あとFWの動きの質が悪過ぎる。連動が足りない、ポジションチェンジがない、自分のコントロールする為のスペース、味方の入ってこれるスペース両方を作れない。原因はボールしか見てないから。ゴール、相手、スペース、味方と確認しないといけない事がたくさんあるのに、体の向きを変えたり、首を振ったりすることが全然ない。それでは無理やわ。オフサイドのかかり方見れば、頭を使ってないのはすぐわかる。体力とか、技術でなくて、もの凄く重要な要素が全く欠けたプレーの内容だった。ただ、これは1週間で激変できるものでもあるから、来週は違ったものを見せろよ。
 来週は決勝やで、チーム全員でいい結果を出せるように頑張るぞ。

 播磨 3.0 終盤のキャッチミスは×。コーチングの質を上げる。
 丹羽 3.5 OF、DFともポジショニングが良かった。
 青木 2.5 パス××。寄せる距離が遠く感じる。
 山田 3.5 尻上がりにプレーの質が上がった。
 翔平 3.5 自分の持っているものが出せてる。
 羽賀 3.0 狙いを伝える、共有する。
 蓮池 3.0 動きに幅と厚みを意識する。
 朋也 3.0 後半消えた。もっと球を受けろ。
 孝次 3.0 起点と飛び出し両方をする。
 健司 2.5 懐を作れないと受けれないし、得点できない。
 松葉 2.5 終わってから話した通り。

 啓太    全く動けず。
 島崎    得点○。終盤とは言え、外すのとは大違い。
 浩平    ワンツーで突破の質を上げる。
 町居    相手が一番嫌がる事をする。
 杉浦    危機察知力がないとボランチは厳しい。

P7250370.jpg

P7250374.jpg

P7250377.jpg

P7250379.jpg

P7250387.jpg

P7250394.jpg

P7250404.jpg

P7250410.jpg
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.