長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
9月11日 東海リーグ第13節 VOLARE FC 浜松戦
 VOLARE FC 浜松戦 3-1(前半1-0、後半2-1)
               得点者:孝也、俊輔、島崎

 夏の中断期間が終わり、リーグ戦の後半戦の再開。しかし、ケガ、仕事等でコンディションが上がっていない選手が多く、練習試合も予定通行えなかった事もあり不安要素がたくさんあり、仕事等でメンバー、フォーメーションもいつもと違う状態での試合となった。
 前半立ち上がりは相手への対応というより、自分達の確認に重点を置く感じ。立ち上がりはいつもリズムの奪い合いになるのでじっくり行っていたが、競り合いの裂傷で一人ピッチの外に出される。応急処置をしている間にFKを直接決めて先制。全く見てなかった。ここから畳み掛けPKを得たが、枠外に外して追加点ならず。こういう試合を決める局面で決めれないのは全く話にならん。しかもその後も1対1も難しい選択をして外す。サイドからの決定的な折れ返しを外す。ミスを断ち切れないところか続けるあたりはワンプレーの重みを分かっていない。こういうプレーは流れを変える。両サイドバックの寄せの甘さ、対応の不味さから一気にリズムが崩れた。責任感の欠如した対応をするから、他の選手がカバーしなくてはならない。自分のカバーをしてくれた選手のカバーをしないから、ドンドン流れが悪くなる。流れを戻せないまま前半終了。
 ハーフタイムで選手を入れ替えて、後半に挑む。不安要素のコンディション不良が徐々に影響してくる。いつもなら何でもない時間帯だが、何か疲れてる感じ。相手も足が止まってきたが、この時間帯でしんどいのはトレーニング不足。流れは悪くはなかったが、浮き球を弾ませた処理をつかれて同点ゴールをねじ込まれる。相手が勢いついてくる流れではあったが、スローインからヘディングで追加点。その後も決定機を何度も作るがことごとく外す。終了5分前に途中出場の左SBがオーバーラップからきれいに切り込んで追加点で試合終了。
 1対1とかで外した決定機は何本あった?逆に相手のPKになりかかったプレーがあり、もしあそこで退場者が出ていたらこの結果は違っていたな。結果だけを素直に喜べる時もあるが、この試合は勝負時にきちんと決められず、自分達で消耗戦にした内容だった。浜松大学FCに負けた時と試合の流れは同じだった。決定機を外した事もそうだが、DFの対応で流れを持っていかれた部分もある。消極的なプレー、責任感のないプレー、軽いプレーだけはどんな状況でも絶対にするな。
 とりあえずきちんとトレーニングして修正とレベルアップをするぞ。

 播磨 3.0 試合前に言ったコーチングが足りん。
 丹羽 2.5 引いたポジションから待つDF程邪魔なものはない。
 山田 3.0 これから毎試合前に闘魂注入やな。
 蓮池 4.5 1対1、守備範囲、試合への準備全てにおいて申し分なし。
 直人 2.5 自分のサイドを打開されてジョッグで戻ったから代えた!
 羽賀 3.0 上手くバランス取れてた。
 朋也 3.0 もっと起点になれる。
 翔也 2.5 甘い。運動量も足りん。練習で言った通り。
 俊輔 3.0 OF、DFとももっとできるやろ。
 明峰 2.5 流れを変えたプレーがOF、DFともにあった。
 孝也 3.0 先制○。力んだ時のお前は決まらん。

 青木   お前でDFは安定した。
 孝次   コンディション上げろ。決定機外すな。
 島崎   仕掛け方も得点も良かった。久々にいいプレー見た。

DSCN2287.jpg

DSCN2302.jpg

DSCN2327.jpg

DSCN2328.jpg

DSCN2329.jpg

DSCN2330.jpg

DSCN2352.jpg

DSCN2361.jpg

DSCN2405.jpg

DSCN2443.jpg

DSCN2445.jpg

DSCN2449.jpg

DSCN2463.jpg

DSCN2466.jpg



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。