長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
5月26日 東海リーグ第10節 伊勢YAMATO FC戦
 伊勢YAMATO FC戦 5-1(前半2-0、後半3-1)
           得点者:翔也×2、大生、圭×2

 今季まだ勝ち星がなく、内容も良くなかったので、どうしても勝ちが欲しい試合だった。
 チームとして試合への入り方は良かったが、試合は序盤の相手CKがポスト直撃。これが入っていたら苦しい流れだったと思う。マークしていた『くまもん』の責任は重い。その後は最近多かったバタバタした感じがなく、落ち着いた試合運びだった。全ては起点の作り方が改善されたことに尽きる。ここから2列目の飛び出し等で崩してDFラインの突破をするがペナルティーエリアの精度が悪い。しかし右サイドからのクロスをスーパーボレーで先制。いい意味での事故かな。その後も流れは渡さず、偶然のコントロールからループシュートが決まり2点差。これも事故かな。その後相手GKに吹っ飛ばされた場面が本当の実力だと思うがな。
 後半は立ち上がりから仕掛ける。というよりは、結果的に抜けちゃった感じ。ドリブルでPA内に仕掛け相手ファウルでPK獲得。しかしポスト直撃で得点ならず。とりあえず相手もポストに当たったから相殺。その後も同じような展開からPK獲得。これをきちんと決めて追加点。ここで相手を完封して勝ちたいと思っていたら、あっさり失点。こういうのが甘すぎる。ちょっと気持ちが受けに回りだして、相手のリズムになりかかったが、中盤で拾ったボールを速攻で決めて追加点。ここからさらに気持ちが受けに回って、相手選手が退場になり一人多いにもかかわらず守りきろうとするあまりリズムを崩す。慌てなくていい場面でバタつき、人数が多いことで逆に人任せなプレーや間合いが多くなり、相手に打たれたシュートはこの時間が一番多かった気がする。試合終了間際にまたしてもドリブルからPK獲得で得点を加えて試合終了。
 まず勝てた事は良かった。試合内容は得点差程の差があったわけではなく、ほんの些細な所で勝敗を分けたと思う。後半、点差があるにもかかわらず、あれほどバタついたのがいい証拠だな。同じ試合の中で、いい流れと悪い流れがあれだけはっきりあると、原因を自分達が感じられたと思う。何か特別なことじゃないが、逆にそんな簡単な事で流れを作ったり、失ったりするから恐いと感じる。些細なプレーの積み重ねで試合が成り立っている事をもっと大切にして、目の前の状況に全力で挑め。

 播磨 2.5 キック×××。コーチングで修正できていない。
 丹羽 3.0 お前の役割が自覚できたと思う。
 暢人 3.0 及第点。コミュニケーション能力×××。
 若園 3.5 チャレンジ&カバーのバランス○。
 遥平 2.5 CKの対応、後半の1対1共に試合を台無しにする。
 羽賀 3.5 ここ最近で一番バランスが良かった。
 朋也 2.5 まあ最低限の仕事かな。
 翔也 3.0 余分なケガにつながるプレーならあっさり決めろ。
 小丸 3.5 本来の姿に戻りつつある。俺お要求はもっと上。
 昇吾 3.0 プレスの掛け方×××。得点を決めてからしか評価しない。
 大生 3.0 最低限の結果。練習不足。

 青木   俺が感じる不安要素を無くせ。言い訳せず走り込め。
 恭兵   またに期待。

DSCN1014.jpg
DSCN1027.jpg
DSCN1028.jpg
DSCN1029.jpg
DSCN1048.jpg
DSCN1098.jpg
DSCN1103.jpg
DSCN1162.jpg
DSCN1229.jpg

 
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.