長良クラブ

               東海社会人リーグに所属しています。試合内容や活動報告をしていきます。
6月2日 東海リーグ第4節 名古屋サッカークラブ戦
 名古屋サッカークラブ 2-3(前半0-2、後半2-1)
               得点者:横山、朋也

 今日は今年昇格してきて首位を走る名古屋サッカークラブ。元Jリーガーが何人もいて、爆発的な攻撃力を発揮している。よりによってこんな強敵相手にDFが全然いないが、参加しているメンバーでベストを尽くすのみ。
 前半は相手のフォーメーションも分からない事もあり、ディフェンシブに入る。想定内の事と想定外の事が入り混じる中、こちらのCKから一気に速攻で運ばれ、技ありクロスからさらに折り返しを叩き込まれ失点。ちょっと早いなと思ったが、中は比較的落ち着いているし集中もできている。誰か一人はバタバタしてたが・・・。その後も慌てず、黙々と我慢強く同じ事を繰り返す。実力が上の相手に、失点してからも我慢強くサッカーを続ける事は言うほど簡単な事ではないが、今日は苦しい展開の中いい対応だった。局面を打開する時必ず仕事をする選手が誰かははっきりしていたが、さすがに上手い。微妙なアプローチをワンタッチで体を入れ替え、ドリブルから体をひねってサイドネットに見事に決められさらに失点。チーム一同脱帽のプレー。嫌な時間帯に点差を広げられる失点だったが、こういうプレーをする相手と戦っている喜びで下を向くどころかなんかワクワクしている感じ。とりあえず2点差で前半終了。
 ハーフタイムでベンチの意見とフィールドの意見をすり合わせて後半に挑む。思った通り、表情に力があり、勝つ気満々。後半はキックオフからいきなり点を取りに行く。シュートはポストギリギリで外れはしたが悪くない。しかしさすがに力の差を感じさせられる展開も多く、相手シュートがポストに当たったり、ゴール前ギリギリで体を張ったディフェンスで失点を防ぐ状況が2~3回あり、運良く失点を防いでいる状況。メンバー交代や試合運びを前にシフトしたから余計にリスクは大きくなったが、2点差をひっくり返すには仕方ないし、前に起点もでき、厚みも局面で作れるようになってきていたから得点できる流れはできてきた。そんな中、判断の遅れたプレーがラッキーな方向に転んで抜け出して得点。展開としては良くなってきたが、ここでまたしても相手キーマンに引き付けられた所を豪快ミドルを決められ失点。さすがに苦しいかったが、チーム全体が自分達のやるべきことに迷いがなかったので、ゴールにどんどん向かう。中盤で攻守に負担がかかる中、見事な飛び出しから見事なシュートで得点。さらにゴールを目指すが、得点には至らず試合終了。
 負けたがサッカーを満喫できたかな。参加メンバーの状況に始まり、試合展開も苦しい中、ベストを尽くす中で課題を浮き彫りになったが、チームのコンビネーション、意志の疎通はより改善されてきたし、形になってきた部分もある。何よりいい顔をしてサッカーをやっていたから、負けたけど何か大切なものを得たかもしれない。これからのプレーで示せよ。

 播磨 3.0 ディフェンスへのコーチングを具体的にしろ。
 暢人 3.0 体が入れ替わった場面をトレーニングで修正する。
 羽賀 3.0 慣れないポジションながら集中していた。
 蓮池 3.0 ちょっとコンディションが上がってきたな。
 中島 2.0 小学生からやり直し。
 遥平 2.5 中学生からやり直し。
 朋也 3.5 マークをちょいちょい外した事が気になる。
 翔也 3.0 決定機で仕事をしろ。
 小丸 2.5 前半消えた。後半もお前の良さが出てない。
 昇吾 3.5 トレーニングの成果と進歩が見えた。まだまだだがな。
 大生 3.0 起点になれ。ゴールに絡む仕事をしろ。

 横山   キレが出てきた。ポジショニングは練習あるのみ。
 和樹   トレーニングあるのみ。

DSCN1244.jpg
DSCN1292.jpg
DSCN1301.jpg
DSCN1303.jpg
DSCN1309.jpg
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
お疲れさまでした!
強敵と聞いてたので 大丈夫かなと心配してました!結果を見て ビックリ
安心しました!
みんなが 集中してプレーできた証しだと思います!
ますます暑くなるので ケガに気をつけて 楽しんでください!
2013/06/03(月) 17:53:10 | URL | 昔 19番 #-[ 編集]
 ありがとうございます。
 点差以上の完敗でしたが、レベルの高い相手と戦えて楽しかったです。勝負なので結果もこだわって頑張ります。
2013/06/03(月) 19:29:38 | URL | 代表 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.